Raid MinamiOguni2019 リザルト&レポート

2019.05.03 Friday

0

    Raid MinamiOguni2019 無事に終了しました。

    参加者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。

    レポートUPが遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

     

    当日は4月末だと言うのに最低気温が3℃という寒い朝でしたが、16人の参加者が集合場所の温泉館きよらに集まりました。

    『温泉館きよら』さんは、今年も快く駐車場を提供していただきました。ありがとうございました。

     

    今年のエリアは、南小国でも久住連山や阿蘇山を望める牧野エリア脇のルートをメインステージに、そこに至るルートを谷間の集落間を繋ぐトレイルで構成しました。

    前半の集落間のルートは、特に難しくもなくて集団がバラけませんでしたが、QP6が運命の分かれ道でした。

    ここにトップで現れたのは浅尾さん。迷い無くQPをランで確認すると、舗装路に戻って下って行きました。なんとも華麗でスムースにクリアしていきました。そのあとのセカンド集団は尾根道の奥でQPを探したり、谷間のSTを進んだりして、迷いまくっていました。

    地図上の点線道の入口が潰れていたので、入り方をブリーフィングで説明していたのですが、スムースに正しく選択したのは浅尾さんただ一人でしたね。

    その後はQP7手前の尾根道分岐が迷いポイントだった様です。

    ここは余裕があると右の地形なりにSTの入口が見えるのですが、頑張っていたり競っていたりすると、見落として枝尾根の行き止まりに入り込んでしまうポイントなんですね。クリエイターの意図通りに彷徨い込んだ人が多数いた様ですね。

     

    ELが設定されていたPC8をクリアできたのは8名でした。EL後のループは牧野脇のトレイルから林間の作業道迷路の展開でした。作業道の数が多過ぎて書き込みを最小限にとどめた結果、難易度が一気に上がってしまった様でした。トップの浅尾さんは40分弱でこのループを回りましたが、1時間半以上かかった人もいました。後で聞いたところ「林道に下るSTが見つかった時はホッとした。」とコメントが出ていましたので、なかなかタフなループだったのだと思います。

    ELにかかった人も、ELクリアした人も、同じルートを通ってPC12へ。PC12は絶景の牧野に設置されていました。

    PC12からのルートは久住連山を望む尾根道林道。絶景の林道を下りながらQP13を確認してアリべへ向かう予定だったハズですが・・・、谷間の集落へ舗装路を下りてしまった人が若干2名ほどいたようです。色々ドラマがあったようですね。

    QP13は最後の迷いポイントとして設定しました。道路脇の観音様が彫られた石板を探すのですが、確かに道路脇にあるのですがかなり小高い丘の上に設置されているのです。道路脇を探している視線の高さでは見え難いところにあるQPでした。何人くらいの人がスムースに見つけれたでしょうね?

    今回のルート設定にあたって、南小国エリアでガイドツアー活動をされている『トリムカンパニー』の橋本 幸太氏、小国で自転車の普及に尽力されている本田 正教氏らに多大なる援助を戴き、地元の方々に話をしっかりと通して了解をいただいた上で牧野の作業道や、私有地の林道を走らせていただくことが出来ました。

    常日頃から、地元の方々と良好な関係を両氏が築いていただけているからこそ、今年もスムースに話を進める事が出来たと思います。このような素晴らしい環境が、素晴らしいロケーションと共存しているこのエリアを、もっと盛り上げていく為にも、次年度以降も九州レイドシリーズを南小国エリアで企画したいと思います。2020年は、レイド オブシディアンもありますしね。

    今年も、本当にありがとうございました。

     

    さて、リザルトは下記の通りです。

     

    順位 ID 名前 TOTAL TIME PENALTY STATUS PRIZE
    1 4 浅尾 慶 2:59:00 01:ALL TOPラリースト
    2 1 片山 伸二 3:18:00 01:ALL
    3 7 浅原 紀彦 3:53:00 01:ALL SOLIDバイカー
    4 14 宮脇 貴志 4:10:05 01:ALL
    5 8 辻田 嘉次 4:12:05 01:ALL 遠来賞
    6 12 島田 幸典 4:15:00 0:05:00 01:ALL
    7 13 南 邦彦 4:52:00 01:ALL
    8 16 杉本 幸史郎 4:52:05 01:ALL 敢闘賞
    9 5 常冨 博之 4:12:00 02:EL1
    10 15 太田原 常正 4:54:00 0:05:00 02:EL1 AHOで賞
    11 9 古賀 大章 5:00:00 02:EL1
    12 10 下園 勝彦 5:00:00 0:05:00 02:EL1
    13 2 曽我 清子 5:34:00 0:05:00 02:EL1
    14 6 吉岡 裕 9:27:00 5:00:00 02:EL1
    15 11 桑畑 良成 9:32:00 5:00:00 02:EL1
    16 3 上田 正直 10:06:00 5:05:00 02:EL1

     

    TOPラリースト:浅尾 慶

    クリエイターが、フルコース3時間かかります。と言った発言に奮起して、意地でも3時間以内で完走してやると頑張られた結果、2時間59分で見事完走されました。ロスを省こうと鬼気迫る走りで駆け抜けている様子を見ていて返って面白く感じました。これからも、クリエイターとしてもライダーとしても、九州レイドシリーズを盛り上げてくださいね。よろしくお願いします。

     

    SOLIDバイカー:浅原 紀彦

    ザキミヤラリーではAHOで賞だったエ〜くんでしたが、今回は堅実に走り見事に3位の座に輝きました。いつも長州で調査員を頑張っている成果が出てきたのでしょうね?今回はクリエイター側の思惑を如何に読むかが勝敗を分けたような気がします。

    これからもよろしくお願いします。

     

    AHOで賞:太田原 常正

    女王様の真似をして、QP13をQP1の後に先に取りに行こうと目論んだのですが、QP13への逆アプローチの激坂に時間がかかりELに引っかかってしまいました。QPの取り方は慣れと地形を読まないとなかなか上手くいきませんよ。女王様からちゃんと秘訣を聞いてください。また宮崎でもお願いしますね。

     

    敢闘賞:杉本 幸史郎

    関西への転勤で疎遠になっていた杉本さんですが、九州レイドシリーズに3年ぶりに参加いただきました。3年ぶりでも見事完走。

    九州レイドシリーズ鹿児島ラウンドの企画もよろしくお願いしますね。

     

    遠来賞:辻田 嘉次

    ミスターソリッドバイカーの辻田さんが、滋賀県から参加いただきました。遠くから遊びに来ていただけるのは本当に嬉しいです。

    これからも、そのホンモノの走りを九州レイドの参加者に教えに来てください。

     

    九州レイドシリーズ 2018-2019は、これで終了です。

    次シーズンは、2019年の10月から始まります。

    2020年のGWは5年に一度のレイド オブシディアンが九州で開催されますので、通常の九州レイドシリーズの開催数が減るかもしれません。また夏頃までには年間スケジュールを発表したいと思います。ご確認をお願いします。

     

    それと別に、夏季シーズンの番外編『ナイトラリー』も開催するかもしれません。WEBやFacebookをチェックしていて下さいね。

    よろしくお願いします。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL