<< ジュディ&ラリー2017 エントリー状況 | main | 南阿蘇ラリー2017 エントリー受付開始します。 >>
2017.02.19 Sunday

JUDY & RALLY 2017 リザルト&レポート

0

     

    今シーズン最大の寒波が到来している中『JUDY & RALLY 2017』無事終了出来ました。

    参加者の皆様、クリエイター&スタッフの皆様、本当にありがとうございました&お疲れさまでした。

    寒波に伴う雪の影響で交通機関に影響が出る中、各地からちゃんと時間通りにお集まりいただきまして、本当にありがとうございました。

     

    今回もたくさんの遠征組が来ていただきまして、前日のツーリング及び前夜祭から盛り上がっちゃいました。長年参加されていても、初めて前夜祭から参加された方もいて、長州レイドの人気振りが感じられました。モチロン宮崎組も前夜祭から大盛り上がりで、あの独特の雰囲気で楽しませてくれました。

     

     

    当日は、前日降った雪が溶けて凍っていたり、夜半に降った雪が積もっていたりで、本当に九州レイドでは久しぶりの雪ラリーとなりました。

    ブリーフィングは、クリエイターの片山くんが交渉してくれて、風を避けることが出来るイベント用のテントの中で出来ました。机もあって良かったですよね?

     

    今回のルートは、カルスト台地で有名な秋吉台の麓に広がる低山地帯を舞台に設定されており、楽しいトレイルを舗装路や林道でつなぐ形でデザインされていました。どこまでも続くように感じるシングルや、雑木林の林道、陽の暖かい舗装路、人里を抜ける生活道があるかと思えば、獣道かと思うような岩の間のトレイル・・・等、本当に変化に富んだ楽しいステージで楽しませていただきました。 

    さらに前日から断続的に降った雪がトレイルを微妙に隠し、ルート探しを難しくしました。第二集団以降は、逆にタイヤの跡があちこちに付いていて、いつも以上に惑わされたのかもしれませんね。

     

     

    今回も色々楽しいQPで楽しませていただきました。クリエイター想いが反映されているような微妙な位置での設置も、参加者を悩ませたようです。今回は直前に雪が降ったこともあり、地面に接地してある白いプレートを探すQPや、SCシートが雪の地面に設置してあったりと、なかなか状況的に難しかったと感じたものもありました。しかしながら、やはりトップを争ったメンバーは一人も間違えていない事をみると、やはりその辺の注意深さとかが勝敗を分けるのですね。

     

    リザルトは下記の通りです。

     

    順位 ID 名前 TOTAL TIME PENALTY STATUS PRIZE
    1 22 早川 博史 2:50:18 01:ALL TOPラリースト
    2 16 館 正倫 3:01:35 01:ALL
    3 19 三家丸 裕子 3:06:40 01:ALL
    4 21 吉岡 裕 3:08:20 01:ALL SOLIDバイカー
    5 2 辻田 嘉次 3:11:50 0:10:00 01:ALL
    6 8 浅尾 慶 3:18:00 01:ALL ネタ賞
    7 5 三ツ股 謙二 3:39:26 01:ALL 遠来賞
    8 3 小林 誠二 3:40:13 01:ALL
    9 1 山口 慎一郎 3:49:47 01:ALL
    10 13 島田 幸典 3:50:46 01:ALL
    11 11 石生谷 誠 4:04:29 0:10:00 01:ALL
    12 18 太田原 常正 4:41:35 0:40:00 01:ALL
    13 7 蓮尾 伸彦 2:37:10 02:EL EL TOP
    14 20 宮脇 貴志 2:55:10 02:EL
    15 15 南 邦彦 2:55:38 02:EL
    16 9 野口 悦男 3:02:58 02:EL
    17 6 古賀 大章 3:03:15 0:10:00 02:EL
    18 17 満井 伸也 3:11:30 02:EL
    19 10 真鍋 典夫 3:23:05 02:EL AHOで賞
    20 12 桑畑 良成 4:16:50 0:40:00 02:EL
    21 4 山本 和明 09:TC
    22 14 佐藤 慎也 10:DNS
    23 23 大石 正和 10:DNS
    24 24 津田 晃美 10:DNS

     

     

     

    TOPラリースト:早川 博史

    館ミチとの終盤までのランデブーでしたが、舗装路区間でパワーを見せつけてTOPラリーストに輝いたのは、前回アホで賞の早川君でした。いろんなところで、正規ルートを導いてしまったようで、彼と一緒に走ったのは失敗でした。QP9手前の五差路では谷の反対側のルートを読んでいたようで、訂正して一緒に走ってしまったのは最大のミスでした。勝手に行かせなくてはいけなかったのです。今後は負けない脚を作るか、さっさと前に行かせてミスさせるかのどちらかで行きます。後者かなぁ・・・?

     

    SOLIDバイカー:吉岡 裕

    コンスタントに上位に絡んでくるその実力は、誰もが認めるものです。今回もQPに惑わされることもなく、しっかり完走して女王様の後ろに迫りました。もう少し確実に走れれば間違いなくトップに絡めると思います。今後とも宜しくお願いします。

     

    AHOで賞:真鍋 典夫

    大阪から遥々遠征してきていただいたのに、あえなくELにかかってしまいました。前夜祭で飲みすぎちゃったのでしょうか?しかしながら自主的にフルコース走ってしっかり帰ってきていただきました、その心意気にAHOで賞を差し上げます。

     

    EL TOP賞:蓮尾 伸彦

    最近、とある風景通訳家の強い希望で、EL TOP賞というものが設立されて、一般化してきてしまいました。今回も惜しくもELでしたが、その中でTOPだった蓮尾氏にEL TOP賞を差し上げました。

     

    遠来賞:三ツ股 謙二

    三重県から遠征していただきまして、今回参加された方の中で、最高齢として遠来賞を差し上げました。

     

    ネタ賞:浅尾 慶

    今回は、滑落して解答用紙&サイコンを紛失して、手書きの解答用紙を作成した身体を張ってネタを提供してくれた 、浅尾くんが受賞しました。

     

    次回は、3/12に熊本県は南阿蘇に舞台を移して、『南阿蘇ラリー』を開催します。

    ちょっと難易度を落として、クイズを探して走り回る、クイズラリー形式に近いものになりそうです。

    迷子になることは少ないかもしれないので、初心者も参加しやすいかもですね。

    乞うご期待!

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Menu
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM